「痩せた!」という人によくある勘違い|ダイエットを見直す時

3 min

間違ったダイエットを行い、一時的な体型変化によってダイエットに成功したと勘違いしている方が多いです。今行っているダイエットは本当にあなたを健康的に痩せさせているのでしょうか。目先の結果も大事ですが、本当にキレイになるためには将来的な自己投資が必要です。ダイエット中、体重計に乗って体重が減っていると嬉しいですよね。ですが、それは理想とする痩せ方なのでしょうか。そう思ったらダイエットを見直す時です。

今回は間違ったダイエットによって起こる、「痩せた!」という人に良くある勘違いについて紹介します。

減ったのは脂肪?水分?それとも筋肉?

これを機にあなたのダイエットが健康的に痩せられているのかを理解し、今行っているダイエットを見直してみましょう。

「痩せた!」というひとによくある勘違い

筋肉量の低下

人間には活動するために必要最低限のエネルギー、基礎代謝分のカロリーが必要です。この基礎代謝分のカロリーよりも大幅に節制してしまうと体が飢餓状態になり、脂肪だけでなく筋肉を燃料として消費し始めます。動くために必要なエネルギーは体内の糖質から使われ始め、次に脂質、その次に筋肉からのたんぱく質を使うようになっています。そのため、健康的に痩せるには節制しすぎないことも大事なポイントになってきます。

また、筋肉を維持するためには、実際に筋肉を使ってあげる必要があります。筋肉は刺激を与えてあげないと体が不要な部位だと勘違いしてしまい筋肉量減少に繋がってしまいます。食事制限を行っているダイエット中こそ筋トレがおすすめされるのはそのためです。食事制限と有酸素運動だけでダイエットするならば、食事制限と無酸素運動(筋トレ)でダイエットすることをおすすめします。

そして、たんぱく質不足についてです。ダイエット中に意識するのは摂取カロリーです。ですが、決められたカロリー内で何を食べるかがとても重要なポイントになってきます。食べ物には大きく分けて3つの栄養素があります。それはたんぱく質・脂質・糖質です。この中でも重要視してほしいのはたんぱく質です。日本人の多くは普段何も考えず食事をしてしまうとたんぱく質不足になりがちです。たんぱく質は筋肉を作り出す栄養素として必要不可欠です。また、筋肉だけでなく臓器や皮膚、爪、髪など、たんぱく質には身体を構成するために必要です。1日に最低でも自分の体重×1gのたんぱく質は摂取しておきたいところです。筋トレをしながらダイエットをするのであれば体重×1.5gはほしいですね

体内の水分量の変化

人間の体は約60%が水分でできています。そのため、水分量による体の見ため的変化は結構大きく印象を変えることになります。身体に多く水分が溜め込まれれば、俗に言うむくんだ状態になり、いつもより体が張った状態になります。逆に体内の水分が少なければ、やつれているかのような身体になることもあります。また、水分量は体重変化に大きく影響を及ぼします。極端な話、体内の水分が多ければ体重は重く、少なければ体重は軽くなります。もし、あなたが水分量での体重減少で喜んでいるのであれば、今すぐダイエットを見直すことをおすすめします。

本当に痩せられている場合、継続的に体重減少が期待できますが、水分量による変化だと一時的なもののため上下してしまいます。急激な体重減少のほとんどが水分によるものなのです。

痩せるために意識しておきたいポイント

ダイエット中こそ筋トレや運動

ダイエット中こそ筋トレや運動によって筋肉に刺激を与えてあげましょう。使わなければ使わなくなるほど、筋肉は衰退し減少してしまいます。身体に筋肉が必要であることを教えてあげるためにも日々の運動習慣をおすすめします。

何も考えずご飯を抜くのをやめよう

無計画にご飯を抜いていると、身体が栄養を十分摂取できないことに危機感を覚えてしまい少ない食事からエネルギーを蓄えようとする働きを持ってしまいます。その結果、太りやすく痩せにくいカラダへと変化してしまい、体脂肪が増える原因となってしまいます。

我慢しすぎないこと

ダイエットは継続です。続けられないほど辛いダイエットは身体を壊す原因となってしまいます。また、我慢しすぎると我慢を開放した時の反動が大きすぎて思いがけない行動をとってしまう方も多いのが事実です(暴食)。

長くダイエットを続けるためにも飽きが来ないよう工夫し、モチベーションを上げてくれる何かを用意すると良いでしょう。

1週間に一度だけダイエットを頑張ったご褒美として好きなもの食べ過ぎない程度に食べるなどはとても有効的でモチベーション維持にも繋がりますよ。

不足しがちなたんぱく質はしっかりと摂取しよう

できるだけ1日に体重×1gのたんぱく質は摂取しておきましょう。身体を構成する重要な栄養源です。高たんぱく低脂質な食事があなたのカラダを良い方向へと変えてくれるかもしれませんよ。

おわりに

短期期間で「痩せた!」という人によくある勘違いの紹介でした。

意外と多くの方が間違ったダイエットを行って、筋肉や水分量の減少で痩せたと勘違いしている方が多いです。

一時的な見た目な変化として満足かもしれませんが、本質を見てみるとただ単にやつれているだけなのかもしれません。

健康的に痩せるためには、それなりの期間と継続、正しいダイエット方法が必要です。

 

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA