朝、筋トレをするメリットとは?実感した朝活のメリット・デメリット!

2 min

早起きして筋トレをすることには、たくさんのメリットがあります。

今回は実際に管理人が実感した「朝に筋トレをしてよかったこと」を紹介していきます。

朝トレのメリット!

体が目覚める(集中力向上に)

朝、筋トレをすると仕事を開始する頃には完全に目が覚めています。朝、筋トレをしていなかったときは、「起床→仕事」という流れで頭がぼんやりしている状態で仕事を開始していました。ですが、毎朝筋トレをするようになってからは、頭が冴えた状態から仕事を始めることができ、効率性が上がりました。脳が活性化されて、とても物事に集中しやすいです。

生活リズムが整う(睡眠の質向上)

毎朝筋トレをするようになってから、1日のリズムがルーティン化され、就寝→起床の流れがスムーズになりました。筋トレをすることで良質な疲労感を得られ、夜眠れないということがなくなりました。そのため、朝トレ→仕事→就寝とリズムよく1日を終えることができます。筋トレを始める前は、体力が有り余っているせいか眠れずに夜ふかしすることが多く、翌日睡眠不足の状態で仕事に取り組んだりと非効率的でした。

継続力が身につき、自身がつく

毎朝筋トレをしていると、自然と物事の継続力が身につきます。また、日々鍛えらていることや継続できているという一つ一つの積み重ねが自信へと繋がりました。

ストレス耐性が身につく

これは筋トレを始めてからものすごく実感できています。筋トレは楽なものではなく、己との戦いになります。日々、体に負荷をかけながら鍛えています。正直、筋トレは楽しいです。でも、辛くもあります。

具体的にどんな時にストレス耐性が実感できたかと言うと、以前までは「嫌だな~」と思っていたことが、筋トレを始めてから「筋トレのほうが辛いからへっちゃらだ」という風になりました。また、少し嫌なことがあれば、筋トレにその怒りをぶつけてストレス発散することが出来るようになりました。怒りをパワーに変える感じですね。誰も傷つけず、自分を成長させてくれるので、とても平和的ストレス発散方法になります。

便通が良くなった

運動で腸を刺激することからか、便秘になることがほとんどなくなりました。

ジムが空いている

ジム通いの人にはとてもおすすめで、朝はその他日中や夜に比べるとジム利用者が少なく空いています。空いていると、自分が扱いたいマシンやダンベルなどを自分の好きなタイミングで利用することができます。ジムが混んでいると、他の人が使っていて待ち時間が発生してしまい、「どうしよ~」となってしまいますよね。そういった待ち時間を作らず、好きなタイミングで筋トレできるので、朝トレはおすすめです!

代謝が上がる(太りにくくなる)

筋トレはエネルギーを消費するため、筋トレを始める前の食事だとダイエットになります。また、筋肉が増えることで基礎代謝が上がり、以前より太りにくい体質になりました。

朝トレのデメリット!

慣れるまではきつい

最初のうちは、寝て起きてジムに行くのがちょっとつらいです。仕事前に少し早起きして、筋トレを作るわけですから、「もう少し眠りたい」という毎日が数日続くでしょう。ですが、習慣化されれば自然と朝ジムに向かうようになります。カラダにリズムがつくわけです。トイレと一緒ですね。

筋トレができないとストレス

用事でどうしても朝の筋トレができないことがあります。習慣化された朝トレができないことから、継続が中断され少し不安感が生じます。これはトレーニーの誰もが通る道でしょう。ですが、安心してください。1日休んだぐらいでは、日々鍛えてきた筋肉は衰えません。むしろ、回復できてより成長するかもしれません。

おわりに

今回は管理人が実際に感じた朝トレのメリット・デメリットを紹介しました。

正直慣れるまでジムに足を運ぶのは辛いです。特に冬なんかは寒いので苦になったりしました。

ですが、それ以上に筋トレをしたいというほどの効果を実感したため継続できています。

個人的には、朝の筋トレはとてもおすすめです!

朝、筋トレする際はしっかりとウォーミングアップしてから取り組みましょう!

 

 

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA