辛い筋肉痛を早く治す方法と痛みの和らげ方

2 min

  • 筋肉痛を早く治す方法はありますか?
  • 筋肉痛がなかなか治りません
  • 筋肉痛の痛みを和らげる方法はありませんか?

こんな悩みを解消します。

久しぶりの運動や激しい運動・筋トレをした後などにやってくる筋肉痛。

ほとんどの場合、普段使わない筋肉を使ったり、強度の高い運動によって筋肉にある程度の刺激が与えられることで筋肉痛が起こります。

下半身に筋肉痛が来たときは、歩くだけで痛みますよね。

そんな筋肉痛ですが、個人差はあるものの

痛みを和らげたり、早く治す方法があります。

ぜひ、以下を実践し、辛い筋肉痛を和らげ快適な日常生活を送りましょう。

今回は「筋肉痛の筋肉痛を早く治す方法と痛みの和らげ方」について紹介します。

筋肉痛を早く治す方法と痛みの和らげ方

アイシング(まずは冷やして炎症を抑える)

筋肉の発達においては、身体を温め血流を良くしてあげるのが効果的ですが、強い炎症がある時は温めるより先に冷やしてあげるのがいいです。炎症がひどい場合に温めてしまうと、より炎症を悪化させてしまうことがあります。筋肉に熱がある時は、まず冷やしてあげましょう。

身体を温めて、血流を良くする

対象部位が落ち着いてきたら、身体を温めて血流を良くしてあげるといいです。血流を良くすることによって、筋肉痛の痛みの原因となる発痛物質が速く排出されるようになります。熱を持っている場合は、先に冷やして落ち着くのを待ちましょう。温めすぎは炎症を促進してしまいます。

ストレッチやマッサージ

酷使した体をほぐすことによって、血流の改善が期待できます。ストレッチの場合は、気持ちの良い程度に行い、マッサージの場合は強い刺激が加わらないよう優しくリンパを流すイメージで行いましょう。

貼り薬や塗り薬、内服薬

炎症反応を抑えるために、湿布や塗り薬、内服薬は有効的です。それぞれ異なる効果があるので、症状に合ったものを選びましょう。湿布に関しては冷感タイプと温感タイプがあるので、熱を伴う筋肉痛であれば冷感タイプを使用し、落ち着いた筋肉痛には温感タイプがおすすめです。

サプリメント

筋肉痛にはビタミンB、ビタミンE、アルギニン、ナイアシンなどの栄養が効果的です。この中でもビタミンB群が特におすすめで、管理人自身もトレーニング後などにビタミンB群を摂取し、回復を促進しています。

そもそも筋肉痛にならないためには?

筋肉痛の主な原因は慣れない刺激が筋肉に与えられていることがほとんどです。

日常生活で筋肉痛になってしまう場合は、適度な全身運動を行うことである程度予防できます。

また、トレーニングを継続していると自然と筋肉痛に慣れてきて、軽度の筋肉痛であれば問題なく動くことができるようになります。(体を鍛えていきたい方は負荷に慣れてきてしまっているので、新しい刺激を与えてあげるといいですよ)

まとめ

  • 熱を持っている場合は冷やす
  • 熱がなく、落ち着いている場合は温める
  • 血流を良くする
  • ビタミンB群を摂取
  • 貼り薬や塗り薬、内服薬などの鎮痛剤で抑える

ちなみに今回は特別書いていないのですが、成長ホルモンの分泌が活発になる睡眠は筋肉の回復にとても大切です。しっかりと良質な睡眠をとることは筋肉だけでなく、健康そのものを左右する重要なことですのでしっかりと寝ましょう!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA