低温調理器でつくるサラダチキン「マスタードチキン」

1 min
MGさん

MGさん

今回は低温調理器でつくるサラダチキン「マスタードチキン」を紹介。シーズニングで簡単味付け!

材料・用意するもの

作り方・手順

  1. STEP

    鶏肉の下処理

    脂質が気になる方は皮を剥ぐ

  2. STEP

    フリーザーバッグに鶏肉とマスタードチキンの素を入れ、なじませる

  3. STEP

    60℃、1時間30分(90分)低温調理

    ※食材の種類や厚みによって、調理時間が異なります。食材に合った時間と温度で低温調理しましょう。

  4. STEP

    完成

まとめ

今回は低温調理器でつくるサラダチキン「マスタードチキン」の紹介でした。

今回もシーズニングを使って味付けを行いました。

しっかりとマスタードの味が利いたチキンでとても美味しかったです。

プレーンのサラダチキンにマスタードを後付けして食べても美味しいですが、味付けを施して作ると満遍なく味が行き渡っているのでおすすめです。

~おすすめの低温調理器はこちら~

日本の低温調理器といえば、BONIQというくらいおすすめな低温調理器です。ブラックとホワイトの2色からお選びいただけます。

~MG愛用の低温調理器はこちら~

上記モデルのプロ仕様版。防水仕様なので丸洗いでき、一度に大量に調理したい方はこちらがおすすめです!ブラックとシルバーの2色からお選びいただけます。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA