低温調理器でつくるサラダチキン「麻辣炒め風」

1 min
MGさん

MGさん

今回は低温調理器でつくるサラダチキン「麻辣炒め風」を紹介。シーズニングを使うので簡単に味付けできます。

材料・用意するもの

作り方・手順

  1. STEP

    鶏肉の下処理

    脂質が気になる方は皮を剥いでおきましょう

  2. STEP

    フリーザーバッグに鶏肉と麻辣炒めの素を入れ、なじませる

  3. STEP

    60℃、1時間30分(90分)低温調理

    ※食材の種類や厚みによって、調理時間が異なります。食材に合った時間と温度で低温調理しましょう。

  4. STEP

    完成

まとめ

今回は低温調理器でつくるサラダチキン「麻辣炒め風」の紹介でした。

唐辛子と花椒がしっかりときいた麻辣炒め風のサラダチキンです。

しっかりと麻辣の味が利いており、辛くて痺れる旨さが味わえます。

これなら減量期問わず、普段のおかずのメインにもおすすめです。

~おすすめの低温調理器はこちら~

日本の低温調理器といえば、BONIQというくらいおすすめな低温調理器です。ブラックとホワイトの2色からお選びいただけます。

~MG愛用の低温調理器はこちら~

上記モデルのプロ仕様版。防水仕様なので丸洗いでき、一度に大量に調理したい方はこちらがおすすめです!ブラックとシルバーの2色からお選びいただけます。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA