デキるサラリーマンは筋トレをしてる⁉筋トレをすべき理由

3 min

仕事のできるサラリーマンほど習慣的にジムに通い筋トレに励んでいます。海外では、筋トレを習慣化している人が多く、朝の仕事前にジムに足を運び筋トレを行っている方が多く見受けられます。

また、習慣的にジムに通っている人の中にはフリーで活躍されている方や経営者など独自のビジネスを持っている方が多い印象です。

対して、日本では習慣的にジム通いする人はまだまだ少なく、発展途中だと言えます。ただ、近年の日本でもフィットネス業界が盛り上がりを見せ、24時間ジムやフィットネスアパレルブランドなどが多く出てきており、筋トレへの意識は高まってきています。

そして、今回の題である「仕事ができる人ほど筋トレをしている」です。

ビジネスにおいて、肥満体型は自己管理ができない人間として出世できないと言われた過去があります。日本ではそこまで強い言い方はされませんでしたが、社会全体で肥満予防がトレンドしたことがありましたね。現に仕事ができる人ほど定期的にジムに通い、健康管理に気を使って運動している方が多いようです。

そこで今回は、なぜデキる人ほど筋トレをしているのかについての理由を紹介します。

筋トレすると良い理由

自己管理能力が向上する

基本的に筋トレは、自分のペースで積み上げていくトレーニングになります。
甘えれば、それなりの体に。努めれば、それだけ良い体になれます。
筋トレを行うにはそれなりの時間とやる気が必要です。朝出勤前の30分でも体は良い方向にシフトするでしょう。
日々、限られた時間の中で筋トレの時間を組み込み継続していくことは管理能力が必要です。また、良い体を目指せば目指すほど食生活にも意識が向きます。食事に意識が行くということは、しっかりと管理できれば体は変化していきます。

筋トレを継続すると一定以上の自己管理能力が身に付きます。この自己管理能力は仕事にもつながる能力です。仕事を円滑に進めるための必須能力といっても過言ではありません。

ストレス耐性が身につき、ストレス発散に

日々辛い筋トレに打ち込むと精神力が身に付きます。重い重量を押したり引いたり持ち上げたりすることは、楽なことではなく自分との戦いです。

会社でちょっと嫌なことがあるとしましょう。筋トレを継続していれば、「その辛さなんか筋トレに比べれば余裕」なんていう風に考えられます。

また、筋トレはストレス発散にも効果的です。運動で気持ちの良い汗をかくと自然と頭と体がスッキリし、リフレッシュできます。

嫌なことがあれば、筋トレするのがおすすめです。

好きなものをより多く食べられる

筋トレを継続し、筋肉量が増加していくと比例して代謝も向上します。代謝が向上するということは消費カロリーが増えることを意味しますので、以前まで少し抑えてた分を気にすることなく食べることができます。※過度な食べ過ぎは注意が必要です。

運動不足解消、睡眠の質が向上

世の中の会社員の多くに、運動不足が見受けられます。一日中デスク業務ばかりだと、脳は疲労しますが身体的にはまだまだ余裕があります。そのため、睡眠の質が下がり眠れなくなる方が多いです。

睡眠には適度な身体への疲労が必要です。

筋トレを習慣化すれば、運動不足も解消され適度な疲労感を得られるため、より良い睡眠が得られるようになります。

スーツが似合うカラダに

筋トレを継続して体づくりをしていくと、男らしくガタイのよい体になれます。

肥満体型の人や体が細めの人がスーツを着ていると、どうしても着せられている感が出てしまいますよね。でも、体を鍛えているガタイの良い人がスーツを着ていると逞しく見えて着こなしているように見えます。

やはり、スーツを着るならガタイの良さは重要です。

スーツを着こなすことができれば、外見的にも仕事のできる人オーラが出て魅力的に感じます。

自分に自信がつく

筋トレを習慣的に行い以前の自分を越えていくということによって、小さな成長を積み重ねていくことで自分に自信がついてきます。また、習慣的にジム通いし筋トレを終えるということは小さな達成感の積み重ねにもなるため、これも自信へとつながるでしょう。

肩こりや腰痛の改善に

デスクワークしていると肩こりや腰痛が気になることがありますよね。慢性的な肩こりや腰痛だと、整体直後は良いかもしれませんがすぐに再発してしまいます。それらの原因として挙げられるものには筋肉不足があります。人間の体は筋肉によって動き支えらています。筋肉が不足していると姿勢維持が難しく負担が大きくなります。

上記のような悩みがある方こそ筋トレで改善しましょう。継続的に筋トレを行うことによって筋肉量が増え、体幹も鍛えられます。筋肉が増えると正しい姿勢が身に付きやすく、肩や腰への負担が軽減できます。

実際に管理人である私も中学時代に椎間板ヘルニアになり、腰痛と戦う日々を送っていましたが、病院でのリハビリや独自での筋トレによって、負担を軽減でき手術することなく生活できています。

おわりに

以上がサラリーマンが筋トレをすべき理由となります。

筋トレのメリットは紹介したもの以外にも、まだまだたくさんあり、、良いこと尽くしです。

今、伸び悩んでいる方や、これから社会人になる方、肩こりや腰痛に悩んでいる方は1カ月でもいいので、一度筋トレをやることをお勧めします。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA